• ホーム
  • 性器ヘルペスにかかったらどの薬を服用すべき?

性器ヘルペスにかかったらどの薬を服用すべき?

患者を診ている医者

ヘルペスは症状があらわれる部位によって、病気の種類が分かれています。
性器の周辺に水ぶくれなどの症状が出る場合には性器ヘルペスと診断をされます。
症状があらわれる場所が違っているのは、同じヘルペスによる水ぶくれという症状が出ていたとしても、細かなウイルスの型が違っているからです。
唇を中心に症状が出る場合には口唇ヘルペスという名前の病気になります。

このようにヘルペスにはいくつかの種類がありますが、治療に関してはどの型のウイルスでも、抗ヘルペス剤を使って行うことができます。
抗ヘルペス剤というのはヘルペスウイルスに効果のある薬で、ウイルスの増殖を抑制する力があります。

口唇ヘルペスでも性器ヘルペスでも、ウイルスが一度体の中に入ると、そこから増殖が始まります。
場合によっては、すぐに増殖が始まらない時もあり、その時は感染をしていても何も症状が起きません。
感染してすぐには症状が起きない場合には、ウイルスは少量のみだったとしても体の中に潜伏し続けており、何かのきっかけで増殖が始まる時があります。

そのため、症状が出はじめて発症をした時は、感染をしたばかりの時もあれば、ずいぶん前に感染をしていて今になってウイルスの増殖が始まった場合とがあります。
どちらの場合でも、治療は同じで抗ウイルス剤の内服になります。

ヘルペスに効く薬はバラシクロビルを主成分としているバルトレックスという薬が代表的なものです。
バラシクロビルはヘルペスウイルスが増殖する時のDNA複製を阻害する作用があります。
そのため、バルトレックスの内服を始めてからは、それ以上に数を増やすことが難しくなります。

ヘルペスの症状はウイルスの数と比例して重症化していくので、数を抑えることができれば症状が重くなることを予防できます。
その結果治癒するまでの期間を短くすることができるというわけです。
発症から早く使うほうが、効果を発揮することができるので、早めに使うことが大切です。

ヘルペスにかかったら通販でバルトレックスを入手

ヘルペスにかかった時の治療法はバルトレックスなどを使ってウイルスの増殖を抑える治療が中心になります。
そのためには病院を受診して診察を受けて、薬を処方してもらう必要が出てきます。
日本ではヘルペスの薬は市販されていないため、病院を受診する必要が出てきてしまいます。

しかし、通販を使えば診察を受けなくてもヘルペスの薬が手に入ります。
通販で事前にバルトレックスを用意しておくと便利かもしれません。
これは海外の薬を取り扱っている、個人輸入の通販サイトから薬の購入ができるからです。
この場合には処方箋は必要ありません。
それは、海外の一部の国ではヘルペスの薬が市販されており、誰でも購入をすることができるからです。

このようにして薬の購入をすることは簡単ですが、その場合には自分自身で薬について服用方法や副作用などの知識を持つ必要があります。
病院のように医師の指示があるわけではないので、自分で正しい服用方法で使用しなくてはいけません。
薬には必ず副作用があるので、服用後に副作用が出ないかをチェックしておくことも大切です。

バルトレックスは安全性の高い薬だと言われており、ほとんど副作用が出ることはありませんが、頭痛や眠気、吐き気などの症状が出た場合には副作用かもしれません。

そして、バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスだけでなく、帯状疱疹にも効果があります。
これは水痘を起こすウイルスに感染した経験がある人が、大人になってから再発をした時になる病気です。
細かな種類は違いますが、同じヘルペスウイルスが原因となって発症するために、ウイルスの抑制効果が働きます。
バルトレックスが手元にあれば、帯状疱疹を発症した時にもつかえるので大変便利です。
すぐに服用を開始できれば症状が軽いうちに治すことができるでしょう。

関連記事
カンジダ膣炎には抗真菌薬が効果的 2019年12月03日

おりものが増えたり、または酒粕状のおりものが見られたり、また膣および膣周辺でかゆみや熱感を感じるような場合に考えられる病気がカンジダ膣炎です。カンジダ膣炎はカンジダ菌と呼ばれる真菌(カビ)によって引き起こされるものです。カンジダ菌そのものは常在菌の仲間で多くの人の皮膚に棲息しているものですが、免疫力...

ジスロマックはヘルペスにも効く? 2019年09月06日

ジスロマックは非常に使用範囲の広い薬で、様々な感染症の治療に使われています。飲む回数が少なく使いやすいということと、たくさんの細菌にしっかりと効果をあらわすというところが人気がある理由でしょう。感染症のひとつであるヘルペスという病気があり、唇や性器の周囲に水ぶくれなどの症状が出るものです。この病気に...

カンジダ膣炎は常在菌によって誰でも発症する 2019年11月04日

カンジダ膣炎はカンジダ菌によって発症するもので、おりものの増加やかゆみ等の不快症状を起こすものです。カンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌そのものは身体のどこにでも存在している常在菌の一種であり、健康な女性でも皮膚や口の中、消化管、膣などに存在しています。常在菌そのものは普段は他の細菌とともにバランスを...

ヘルペスもジェネリックで賢く治そう 2019年10月10日

ヘルペスは非常に感染力が強い病気なので、ウイルスが皮膚や粘膜についただけで感染を起こす危険があります。ヘルペスを引き起こすウイルスが体の中に侵入をすると、その後ウイルスの数がすぐに増える場合と、すぐには増えずに何も症状がない場合とがあります。初めてヘルペスウイルスに感染をした人の80~90%がすぐに...

ジスロマックとクラビットの違い 2019年09月23日

ジスロマックとクラビットは、共にクラミジア感染症や淋菌感染症及び淋病など細菌による感染症の治療に効果のある抗生物質ですが、主要な有効成分が異なる事から作用機序が大きく異なります。ジスロマックは、15員環マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラビットはニューキ...