• ホーム
  • ヘルペスにかかったら病院に行くべき?

ヘルペスにかかったら病院に行くべき?

薬を持っている男性

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することで、発症する病気ですが、体の免疫力が低下していたり、疲労を感じている時に発疹などの症状が出ることが多いです。
発疹が出てくると痛痒いので気付く人が多いですが、患者とキスや性行為などの接触をしたり、タオルなどを共有することでも発症する病気です。
口唇ヘルペスは唇に水ぶくれが出来る病気ですが、ドラッグストアや薬局などでは市販薬が販売されているので、試してみると良いでしょう。
口唇ヘルペスは体の自然治癒力が高い時は、市販薬でも数日で症状が改善することが多いですが、再発がしやすい傾向があります。

ヘルペスウイルスは一旦は自然治癒をしても、神経根の部分にウイルスが潜伏しているので、風邪などの感染症に罹っている時や、体の抵抗力が落ちている時は再発しやすいです。
ヘルペスは口唇、性器などにみられることが多いですが、帯状疱疹などもこの病気と同じウイルスが原因です。
体の半分だけに発疹が見られたり、神経痛などが見られる時は、帯状疱疹の可能性があります。
気になる症状が見られる時は、早めに専門クリニックを受診して検査や診察を受けて下さい。

専門クリニックでは外用薬や、抗ウイルス剤の内服薬や点滴などの治療をしてくれるので、辛い症状で悩んでいる人は通院をすることが大事です。
ヘルペスは大人だけでなく、子供も感染する可能性のある大変ポピュラーな病気ですが、症状やヘルペスの出来ている部位によっても、内服薬や外用薬の種類は違ってきます。
単純ヘルペスと帯状疱疹では症状の重さも違ってくるので、服用する薬の種類や量も違ってきます。

ヘルペスの内服薬は基本的には副作用が少ないのが特徴ですが、気になる副作用が見られる時は医師や薬剤師に相談することが大事です。
ヘルペスは神経根にウイルスが残るので、完治をするのは難しい病気ですが、症状を抑えることができるので、早めに医療機関を受診して適切な治療を受けましょう。

ヘルペスは再発するので薬選びは慎重に

口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純ヘルペスや、帯状疱疹は体の免疫力が低下した時に発症をするため、発疹や水ぶくれ、痛痒さなどの症状が見られる時は、早めに専門クリニックを受診して、診断をしてもらう必要があります。
ヘルペスは薬で症状が改善しても、神経根の部分にウイルスが潜伏しているので、完治をすることはなく一旦は自然治癒をしても、再発しやすい傾向があります。
口唇ヘルペスは顔の目立つ部分に出来るので、コンプレックスを感じている人が多いですが、ドラッグストアや薬局などでも優れた市販薬が販売されています。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスは放置をすると、キスや性行為などの接触で感染してしまうので、早めに治療をすることが大事です。
患部を触ってしまった時は、ウイルスが付いているのでよく手を洗うようにしたり、他人や家族に触れないことが大事です。
恋人同士や夫婦の場合はほおずりやキスをしたり、タオルなどを共有すると感染する可能性があります。

専門クリニックでは外用薬、内服薬、点滴などの抗ウイルス剤を使用して治療が受けられるので、症状が改善するまでは薬を中断しないことが大事です。
ヘルペスの種類によって最適な薬が違っているので、医師に処方をしてもらいましょう。
正しく服用をすることで辛い症状を抑えることができるので、少しずつ発疹や痛みなどが緩和してきます。
口唇ヘルペスは感染力も高いので、患者の使ったコップは使用しないことも大事です。
口コミで評価の高い専門クリニックを選ぶと、副作用が少なく優れた効果のある医薬品を処方してくれるので、しばらくは続けて下さい。
2、3週間薬を続けていると、辛い症状が改善してくるので安心して下さい。

関連記事
ジスロマックはヘルペスにも効く? 2019年09月06日

ジスロマックは非常に使用範囲の広い薬で、様々な感染症の治療に使われています。飲む回数が少なく使いやすいということと、たくさんの細菌にしっかりと効果をあらわすというところが人気がある理由でしょう。感染症のひとつであるヘルペスという病気があり、唇や性器の周囲に水ぶくれなどの症状が出るものです。この病気に...

性器ヘルペスにかかったらどの薬を服用すべき? 2019年08月06日

ヘルペスは症状があらわれる部位によって、病気の種類が分かれています。性器の周辺に水ぶくれなどの症状が出る場合には性器ヘルペスと診断をされます。症状があらわれる場所が違っているのは、同じヘルペスによる水ぶくれという症状が出ていたとしても、細かなウイルスの型が違っているからです。唇を中心に症状が出る場合...

カンジダ膣炎は常在菌によって誰でも発症する 2019年11月04日

カンジダ膣炎はカンジダ菌によって発症するもので、おりものの増加やかゆみ等の不快症状を起こすものです。カンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌そのものは身体のどこにでも存在している常在菌の一種であり、健康な女性でも皮膚や口の中、消化管、膣などに存在しています。常在菌そのものは普段は他の細菌とともにバランスを...

ヘルペスもジェネリックで賢く治そう 2019年10月10日

ヘルペスは非常に感染力が強い病気なので、ウイルスが皮膚や粘膜についただけで感染を起こす危険があります。ヘルペスを引き起こすウイルスが体の中に侵入をすると、その後ウイルスの数がすぐに増える場合と、すぐには増えずに何も症状がない場合とがあります。初めてヘルペスウイルスに感染をした人の80~90%がすぐに...

ジスロマックとクラビットの違い 2019年09月23日

ジスロマックとクラビットは、共にクラミジア感染症や淋菌感染症及び淋病など細菌による感染症の治療に効果のある抗生物質ですが、主要な有効成分が異なる事から作用機序が大きく異なります。ジスロマックは、15員環マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラビットはニューキ...