• ホーム
  • ゾビラックスとバルトレックス、どちらがおすすめ?

ゾビラックスとバルトレックス、どちらがおすすめ?

ヘルペスの症状が出てしまったときは、早めに適切な対処をしなければなりません。
自分だけがつらい思いをするだけでなく、周りの人に感染させてしまう恐れがあるのです。
一緒に生活している家族がいる場合は特に感染のリスクが高くなります。
ヘルペスの症状が出ている人が触れたタオル・食器などを通して、他の人に感染する可能性があるためです。
よく見られるのは唇の周辺にできる口唇ヘルペスで、一回完治したのに再発するということも少なくありません。

治療をする際は、主にゾビラックス・バルトレックスという薬が用いられます。
ゾビラックスもバルトレックスも、ヘルペスの症状を抑制する効果が期待できる抗ウイルス薬です。
同じような効果が期待できるため、どちらを選べばよいか迷ってしまいますが、バルトレックスよりもゾビラックスの方がやや安いというメリットがあります。
ただし、価格の安さだけで選んでしまうのは禁物です。
配合されている成分などを細かく確認し、安心して使えるものを選ばなければなりません。

ゾビラックス・バルトレックスのどちらを使うにせよ、できるだけ早い段階で使い始めるのが基本です。
ウイルスの活動は、時間が経てば経つほど活発化してしまいます。
ヘルペスの症状に気付いた段階で抗ウイルス薬を使うようにしないと、なかなか効果が出てこなくなってしまうのです。

ゾビラックスにもバルトレックスにもメリットがあるので、どちらのメリットが優れているかを確認することが大切だといえます。
他の人に合っているからといって、自分にも合うとは限らないのです。
頻繁に薬を飲むのが苦手な人にとっては、バルトレックスの方がおすすめだといえます。
バルトレックスの場合、1日2回の服用でヘルペスに対する効果が期待できるのです。
ゾビラックスは価格が安いメリットがあるものの、1日5回も服用しなければなりません。

バルトレックスを正しく服用すれば、ヘルペスの症状を数日で改善させられます。
ゾビラックスより効果が劣るということもないので、バルトレックスの方がおすすめです。

ゾビラックスはアシクロビルを含む抗ウイルス薬

ゾビラックスにはアシクロビルという成分が配合されています。
ヘルペスを劇的に改善させるというより、抗ウイルス薬としてウイルスが増殖するのを防ぐ役割を果たすのが特徴です。
ウイルスはDNAを複製することで増殖していきますが、アシクロビルはDNAの複製を妨げる働きをします。
ヘルペスができた時点でウイルスが存在しているわけですが、それ以上の増殖ができなくなれば徐々にヘルペスも小さくなるのです。

ゾビラックスはヘルペスの部分に直接塗布するため、安全性の面が気になる人もいます。
しかし長年にわたって抗ウイルス薬として用いられてきたものなので、使用する上で安全性を気にする必要はありません。
ヘルペスの症状を早く改善させたい場合に、ゾビラックスやバルトレックスよりも安全性が高い薬を探すのは困難です。

ただし、いくら安全性の面で問題がない薬だからといって、適当に塗布してよいことにはなりません。
用法用量を守って使わないと、一般的な薬と同じように副作用が出る可能性があります。
ゾビラックスを使ったことで起こりうる副作用には、重大なものが少なくないことに注意しなければなりません。

軽い副作用としては頭痛・下痢などですが、アナフィラキシーショックや血小板減少、意識障害などが起こることも稀にあります。
肝機能障害や肝炎のような肝臓に関わる副作用が見られることもあるのです。

一般的な薬は1日2~3回服用しますが、ゾビラックスの場合は1日5回なので要注意だといえます。
自分の判断で回数を減らしてしまうと、本来であれば期待できる効果が出なくなってしまうのです。
高い効果が期待できる薬だからこそ、用法用量を守らずに飲むと副作用のリスクも高まります。

関連記事
カンジダ膣炎には抗真菌薬が効果的 2019年12月03日

おりものが増えたり、または酒粕状のおりものが見られたり、また膣および膣周辺でかゆみや熱感を感じるような場合に考えられる病気がカンジダ膣炎です。カンジダ膣炎はカンジダ菌と呼ばれる真菌(カビ)によって引き起こされるものです。カンジダ菌そのものは常在菌の仲間で多くの人の皮膚に棲息しているものですが、免疫力...

ジスロマックはヘルペスにも効く? 2019年09月06日

ジスロマックは非常に使用範囲の広い薬で、様々な感染症の治療に使われています。飲む回数が少なく使いやすいということと、たくさんの細菌にしっかりと効果をあらわすというところが人気がある理由でしょう。感染症のひとつであるヘルペスという病気があり、唇や性器の周囲に水ぶくれなどの症状が出るものです。この病気に...

性器ヘルペスにかかったらどの薬を服用すべき? 2019年08月06日

ヘルペスは症状があらわれる部位によって、病気の種類が分かれています。性器の周辺に水ぶくれなどの症状が出る場合には性器ヘルペスと診断をされます。症状があらわれる場所が違っているのは、同じヘルペスによる水ぶくれという症状が出ていたとしても、細かなウイルスの型が違っているからです。唇を中心に症状が出る場合...

カンジダ膣炎は常在菌によって誰でも発症する 2019年11月04日

カンジダ膣炎はカンジダ菌によって発症するもので、おりものの増加やかゆみ等の不快症状を起こすものです。カンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌そのものは身体のどこにでも存在している常在菌の一種であり、健康な女性でも皮膚や口の中、消化管、膣などに存在しています。常在菌そのものは普段は他の細菌とともにバランスを...

ヘルペスもジェネリックで賢く治そう 2019年10月10日

ヘルペスは非常に感染力が強い病気なので、ウイルスが皮膚や粘膜についただけで感染を起こす危険があります。ヘルペスを引き起こすウイルスが体の中に侵入をすると、その後ウイルスの数がすぐに増える場合と、すぐには増えずに何も症状がない場合とがあります。初めてヘルペスウイルスに感染をした人の80~90%がすぐに...