• ホーム
  • ジスロマックはヘルペスにも効く?

ジスロマックはヘルペスにも効く?

危険なウィルス

ジスロマックは非常に使用範囲の広い薬で、様々な感染症の治療に使われています。
飲む回数が少なく使いやすいということと、たくさんの細菌にしっかりと効果をあらわすというところが人気がある理由でしょう。

感染症のひとつであるヘルペスという病気があり、唇や性器の周囲に水ぶくれなどの症状が出るものです。
この病気には抗ヘルペスウイルス薬を使って治療を行いますが、ジスロマックではヘルペスに対する治療は行えません。

それはジスロマックが細菌に対して効果を出す抗生物質だからです。
抗生物質は細菌を死滅させる働きのある薬で、細菌が原因となっている感染症の症状を軽くして治癒を促す作用があります。
しかし、ヘルペスは細菌ではなくウイルスが原因で発症する病気です。
そのため、ジスロマックを使ってもウイルスを死滅させる力はありません。

ヘルペスを発症した時には、ヘルペスウイルスに効果のある抗ウイルス薬を使い、ウイルスの増殖を食い止めます。
そのことで症状がそれ以上強くならないようにして、重症化を防ぎます。
ヘルペスの治療はこの方法しかなく、他の薬を使ってもウイルスの増殖は止められません。

また抗ウイルス薬にはウイルスを死滅させる働きはなく、数を増やさないようにする働きがあるのみです。
そこが抗生物質との大きな違いで、ヘルペスの症状が強く出てしまっている時には、抗ヘルペス薬を使っても症状を軽くすることが難しくなります。

抗生物質の場合には、感染などにより炎症を起こしている細菌に働きかけて、炎症を和らげます。
しかし、抗生物質にもたくさんの種類があり、起こっている感染症の原因を突き止めて、効果のある薬を使うことが大切です。
種類が一致していないと、抗生物質の内服をしても、思っていたような効果が出ずに、十分な治療が行えないということになってしまいます。

そのため、感染症が起きた時には、何が原因で症状が出ているのかというところをきちんと調べ適切な薬を使うことが重要です。

ヘルペス、クラミジア・トラコマチスにはジスロマック

ジスロマックはヘルペスになっている時には、服用をしても効果がありませんが、クラミジアになっている時にはしっかりと病気を治す働きが期待できます。
クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌が繁殖することで起こる病気です。

クラミジアに感染をする時というのは性行為が主なもので、粘膜や体液が直接触れ合うような関係を持った時にクラミジア・トラコマチスが体の中に入りこみ、そこから増殖を始めます。
細菌数が一定量を肥えると症状が出はじめますが、クラミジアの場合には細菌数が多くなっても症状が出にくいという特徴があります。

クラミジアに感染していて尿道炎や子宮頸管炎が起きている時には、尿や子宮頸管粘液の検査をすると感染をしているかどうかがわかります。
また症状が起きていない人の場合でも、同じような検査をすれば、クラミジアに感染をしているかどうかがわかります。

症状がなかったとしても、感染をしている場合にはすぐに治療をする必要があります。
症状がないからと放置していると、体の奥深くまで細菌が侵入していき、様々な合併症を引き起こす可能性があります。
そうなってしまう前にしっかりと細菌を体の中から排除しておかなくてはいけません。

クラミジアの治療にはアジスロマイシンを主成分とするジスロマックが効果的です。
アジスロマイシンは体内にある感染源となる細菌に対して1週間から10日間ほど作用が持続することが特徴です。
そのため、服用は1回のみですみます。
副作用はほとんどないとされている薬ですが、下痢や胃痛、吐き気などの症状が起こることがあります。
特に出やすい副作用は下痢ですが、これはジスロマックだけでなく、抗生物質全般に出る副作用です。

関連記事
性器ヘルペスにかかったらどの薬を服用すべき? 2019年08月06日

ヘルペスは症状があらわれる部位によって、病気の種類が分かれています。性器の周辺に水ぶくれなどの症状が出る場合には性器ヘルペスと診断をされます。症状があらわれる場所が違っているのは、同じヘルペスによる水ぶくれという症状が出ていたとしても、細かなウイルスの型が違っているからです。唇を中心に症状が出る場合...

ヘルペスもジェネリックで賢く治そう 2019年10月10日

ヘルペスは非常に感染力が強い病気なので、ウイルスが皮膚や粘膜についただけで感染を起こす危険があります。ヘルペスを引き起こすウイルスが体の中に侵入をすると、その後ウイルスの数がすぐに増える場合と、すぐには増えずに何も症状がない場合とがあります。初めてヘルペスウイルスに感染をした人の80~90%がすぐに...

ジスロマックとクラビットの違い 2019年09月23日

ジスロマックとクラビットは、共にクラミジア感染症や淋菌感染症及び淋病など細菌による感染症の治療に効果のある抗生物質ですが、主要な有効成分が異なる事から作用機序が大きく異なります。ジスロマックは、15員環マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラビットはニューキ...

ヘルペスにかかったら病院に行くべき? 2019年08月21日

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することで、発症する病気ですが、体の免疫力が低下していたり、疲労を感じている時に発疹などの症状が出ることが多いです。発疹が出てくると痛痒いので気付く人が多いですが、患者とキスや性行為などの接触をしたり、タオルなどを共有することでも発症する病気です。口唇ヘルペスは唇に水...

ヘルペスに効く市販の薬には何がある? 2019年07月23日

ヘルペスとはウイルスが原因となる疾患で、大きく分けると口唇ヘルペスと性器ヘルペスがあります。これらはヘルペスの症状が現れる部位によって名前が異なっており、赤い発疹や水ぶくれ、激しいかゆみなどの症状が口唇に現れる場合を口唇ヘルペス、太ももやお尻、性器周辺に現れる場合を性器ヘルペスと呼びます。性器ヘルペ...