• ホーム
  • カンジダ膣炎は常在菌によって誰でも発症する

カンジダ膣炎は常在菌によって誰でも発症する

カンジダ膣炎はカンジダ菌によって発症するもので、おりものの増加やかゆみ等の不快症状を起こすものです。
カンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌そのものは身体のどこにでも存在している常在菌の一種であり、健康な女性でも皮膚や口の中、消化管、膣などに存在しています。
常在菌そのものは普段は他の細菌とともにバランスをとって棲息していますが、風邪やストレスなど免疫力低下によって特定の菌が増殖し、その結果常在菌のバランスが崩れて身体に対して攻撃するようになります。
これがカンジダ菌が原因で膣で発症した場合にカンジダ膣炎と呼ばれる病気です。

カンジダ膣炎そのものは、珍しい病気ではなく女性の約2割が経験すると言われています。
膣の内部は高温多湿の状態であるため、口などと同様にもともと菌が棲み着きやすい場所であり、また生理などによって環境が頻繁に変化する場所であるためカンジダ菌が増殖しやすい環境とも言えるものです。
またカンジダ菌そのものは日和見菌であり免疫力が回復すれば自然治癒することもあります。

症状としては膣やその周辺のかゆみ、粘度が高く白い酒粕状のおりもの、膣のヒリヒリや刺激や熱感、排尿時の痛み、セックス時の痛みなどです。
発症するタイミングは風邪や疲労、ストレスなどで免疫力低下で、生理時のホルモン変化のほか抗生物質の投与を受けた場合や妊娠、服装、その他の病気によっても引き起こされます。
健康であれば自然治癒することもありますが、症状がいつまでも改善しない場合や再発を繰り返すような場合には薬を使って治療することができます。

はじめて発症した場合には産婦人科で治療することができます。
カンジダ膣炎と判断されれば抗真菌薬の膣錠などを使って治療をします。
膣錠は成分を含んだ錠剤を膣に挿入してゆっくりと溶けていくことで持続的に作用するものです。
また外陰部などの治療にはクリームが使われます。
病院での治療にはクロトリマゾールなどが使われますが、治療を終えたあとに再発した場合には市販のカンジダ膣炎再発治療薬を使って治療することが可能です。
治療薬としてはエンペシドなどがあり、エンペシドは膣錠とクリームは第一類医薬品なので薬剤師のいる薬局でしか手に入れることができませんが病院に行くことなく治療することができます。

カンジダ膣炎の改善策は薬だけじゃない?

カンジダ膣炎そのものは免疫力低下により常在菌が異常に増殖することで起こるものですから、免疫力が回復すれば自然治癒することもあります。
特に女性の場合には生理があり、生理のたびにカンジダ膣炎を併発するといったケースも考えられるものです。
確実に治療するのであれば抗真菌薬を使って治療するのがもっとも早く不快症状を改善することができます。

一方で自然治癒を助けることでも改善を早くすることが可能です。
そもそも原因としてはカンジダ菌が膣内で増殖することで発症するため膣内を清潔な状態にすることで症状を緩和します。
方法としては膣内洗浄で特殊な器具を用いて膣を開いて、水かお湯を使って膣内を洗浄し、カンジダ菌を含めて汚れを洗い流して体外に排出するものです。
不衛生な状態であることが治らない原因のひとつですから、この方法は病院で治療するさいにも行われます。

ただ膣洗浄は単に洗えば良いというものではなく注意して行う必要があります。
用意する水は雑菌が混ざっていない精製水を使用するのが無難です。
容器も専用のものを使うとスムーズに行うことができます。
使い捨てのビデも売られているのでそれを使うのも方法です。
洗い方そのものは簡単で膣内に挿入して水を流し込み排出するだけです。
ゴシゴシと洗う必要はありません。

一方で膣洗浄は頻繁に行うものではなく不快な状態にある場合にのみ行います。
この理由としてはカンジダ菌以外の常在菌も洗い流してしまうためです。
それにもともと膣には常在菌によって炎症が起こらないように保たれているので、常在菌の数が減ると抵抗力が低下してカンジダ菌以外の原因による膣炎を起こしやすくなります。

ただカンジダ膣炎を発症している場合には、洗浄することで発生したおりものなどを洗い流して不衛生な状態を改善することができるのでカンジダ膣炎を改善することができます。

関連記事
カンジダ膣炎には抗真菌薬が効果的 2019年12月03日

おりものが増えたり、または酒粕状のおりものが見られたり、また膣および膣周辺でかゆみや熱感を感じるような場合に考えられる病気がカンジダ膣炎です。カンジダ膣炎はカンジダ菌と呼ばれる真菌(カビ)によって引き起こされるものです。カンジダ菌そのものは常在菌の仲間で多くの人の皮膚に棲息しているものですが、免疫力...

ジスロマックはヘルペスにも効く? 2019年09月06日

ジスロマックは非常に使用範囲の広い薬で、様々な感染症の治療に使われています。飲む回数が少なく使いやすいということと、たくさんの細菌にしっかりと効果をあらわすというところが人気がある理由でしょう。感染症のひとつであるヘルペスという病気があり、唇や性器の周囲に水ぶくれなどの症状が出るものです。この病気に...

性器ヘルペスにかかったらどの薬を服用すべき? 2019年08月06日

ヘルペスは症状があらわれる部位によって、病気の種類が分かれています。性器の周辺に水ぶくれなどの症状が出る場合には性器ヘルペスと診断をされます。症状があらわれる場所が違っているのは、同じヘルペスによる水ぶくれという症状が出ていたとしても、細かなウイルスの型が違っているからです。唇を中心に症状が出る場合...

ヘルペスもジェネリックで賢く治そう 2019年10月10日

ヘルペスは非常に感染力が強い病気なので、ウイルスが皮膚や粘膜についただけで感染を起こす危険があります。ヘルペスを引き起こすウイルスが体の中に侵入をすると、その後ウイルスの数がすぐに増える場合と、すぐには増えずに何も症状がない場合とがあります。初めてヘルペスウイルスに感染をした人の80~90%がすぐに...

ジスロマックとクラビットの違い 2019年09月23日

ジスロマックとクラビットは、共にクラミジア感染症や淋菌感染症及び淋病など細菌による感染症の治療に効果のある抗生物質ですが、主要な有効成分が異なる事から作用機序が大きく異なります。ジスロマックは、15員環マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラビットはニューキ...