• ホーム
  • カンジダ膣炎には抗真菌薬が効果的

カンジダ膣炎には抗真菌薬が効果的

おりものが増えたり、または酒粕状のおりものが見られたり、また膣および膣周辺でかゆみや熱感を感じるような場合に考えられる病気がカンジダ膣炎です。
カンジダ膣炎はカンジダ菌と呼ばれる真菌(カビ)によって引き起こされるものです。
カンジダ菌そのものは常在菌の仲間で多くの人の皮膚に棲息しているものですが、免疫力低下などによってカンジダ菌が増殖し悪さをしているのがカンジダ症と呼ばれる病気であり、それが女性器の膣で発症した場合にはカンジダ膣炎になります。

カンジダ菌を含めた菌類は、一定の水分と暖かさがなければ増殖することができませんから、高温多湿になりやすい性器周辺や口腔内で増殖しやすくそれらが増殖して悪さをするとカンジダ症になり男性でも起こる病気です。
カンジダ膣炎は女性器の膣で起こるためある意味では女性特有の病気になります。

性感染症のひとつに含まれるカンジダ菌による症状ですが、実のところ性的な接触をしたことがない人でも起こるものです。
それは常在菌であり誰もが有しているためですが、発症することは身体の免疫機能が低下している証拠でもあり、さらなる免疫機能の低下を防ぐためにも適切な治療を行う必要があります。

カンジダ菌は真菌ですから、治療には抗真菌薬が効果的に作用します。
抗真菌薬は真菌の細胞が増殖するのに必要な酵素の働きを阻害することでその増殖防ぎ効果的に殺菌するものです。
露出している部分に発症している場合にはクリームなどの外用薬が使われますが、膣の場合には露出していませんから膣錠と呼ばれるものを使用します。
膣錠はいわゆる座薬のようなもので膣の中に挿入して、ゆっくりと抗真菌薬の成分が溶けていくことによってカンジダ菌の増殖を防いでいきます。
抗真菌薬の効果は1週間程度で見られますが、完全に治癒させるためには症状が収まったあともある程度の間は使用し続ける必要があります。
またカンジダ菌は常在菌ですから完全に身体から駆逐することは困難で再発する場合もあり、再発を避けるためにも日頃の生活習慣や体質を改善する必要があります。

カンジダ膣炎に効くケトコナゾールの服用方法

カンジダ膣炎に使われる薬はいくつかの種類がありますが、比較的多く使われているのがケトコナゾールです。
ケトコナゾールは、イミダゾール系合成抗真菌薬のひとつでカンジダ菌のほか白癬菌などの真菌が原因による病気の治療に使われます。
ケトコナゾールは日本ではクリームとローションが発売されており、カンジダ菌や白癬菌を原因とする病気の外用薬として使われています。
錠剤のケトコナゾールもありますが、経口摂取の場合には肝臓への負担が大きい副作用があり内服するタイプの抗真菌薬としての使用はされていません。
一方で必要な患部にだけ浸透させる外用薬は副作用が少ないため広く使われています。

ケトコナゾールはニゾラールの名称で販売されておりクリーム状のものはニゾラールクリームです。
ニゾラールクリームは主に性器表面に現れたカンジダ症の治療に使われます。
女性のカンジダ膣炎ではニゾラールクリームでは膣内部まで成分を浸透させることができませんから、その他の抗真菌薬の膣錠との併用で行われます。
ケトコナゾールの特徴としては、1日1回の塗布で良いことで、およそ2週間程度で完治させることができます。
一方でカンジダ菌は常在菌ですので周囲に存在しているため継続的に続けるか、または生活習慣や体質の改善をする必要があります。

ニゾラールクリームそのものは副作用の少ない安全な薬ですが、副作用としては刺激感、発赤、紅班、かゆみ、かぶれなどが起こる場合があります。
ケトコナゾールで懸念される肝臓への負担は皮膚から吸収される量はわずかですので、身体全体への影響はなく安全に使うことができます。
ケトコナゾールは病院で処方される薬ですが、個人輸入などの海外からの通販を使えば手に入れることが可能です。

関連記事
ジスロマックはヘルペスにも効く? 2019年09月06日

ジスロマックは非常に使用範囲の広い薬で、様々な感染症の治療に使われています。飲む回数が少なく使いやすいということと、たくさんの細菌にしっかりと効果をあらわすというところが人気がある理由でしょう。感染症のひとつであるヘルペスという病気があり、唇や性器の周囲に水ぶくれなどの症状が出るものです。この病気に...

性器ヘルペスにかかったらどの薬を服用すべき? 2019年08月06日

ヘルペスは症状があらわれる部位によって、病気の種類が分かれています。性器の周辺に水ぶくれなどの症状が出る場合には性器ヘルペスと診断をされます。症状があらわれる場所が違っているのは、同じヘルペスによる水ぶくれという症状が出ていたとしても、細かなウイルスの型が違っているからです。唇を中心に症状が出る場合...

カンジダ膣炎は常在菌によって誰でも発症する 2019年11月04日

カンジダ膣炎はカンジダ菌によって発症するもので、おりものの増加やかゆみ等の不快症状を起こすものです。カンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌そのものは身体のどこにでも存在している常在菌の一種であり、健康な女性でも皮膚や口の中、消化管、膣などに存在しています。常在菌そのものは普段は他の細菌とともにバランスを...

ヘルペスもジェネリックで賢く治そう 2019年10月10日

ヘルペスは非常に感染力が強い病気なので、ウイルスが皮膚や粘膜についただけで感染を起こす危険があります。ヘルペスを引き起こすウイルスが体の中に侵入をすると、その後ウイルスの数がすぐに増える場合と、すぐには増えずに何も症状がない場合とがあります。初めてヘルペスウイルスに感染をした人の80~90%がすぐに...

ジスロマックとクラビットの違い 2019年09月23日

ジスロマックとクラビットは、共にクラミジア感染症や淋菌感染症及び淋病など細菌による感染症の治療に効果のある抗生物質ですが、主要な有効成分が異なる事から作用機序が大きく異なります。ジスロマックは、15員環マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラビットはニューキ...